番長3に毎日6を入れ続けている店長との話